Amazonは9月26日、ウェブサイトAmazon.comで顧客から4つ星以上の高評価を得た商品だけを扱うリアル店舗をニューヨークのソーホーに新たにオープンしました。Amazonは近年リアル店舗の展開に力を入れており、ニューヨークではすでに書籍を扱うAmazon books、ショッピングモールなどに展開しAmazonデバイスを直接試せるAmazon POP-UP、そして2017年に買収したWhole Foods Marketを通して、オンラインと実店舗の融合が進められています。

店内はコンパクトで雑貨店のような雰囲気があり、主なカテゴリーは書籍、家庭用品、キッチン用品、IT、家電製品、玩具、子供・ベビー用品などです。また、それらとは別にMost-Wished-For (「ほしい物リスト」に最もよく追加されている製品)、Frequently Bought Together (頻繁に合わせ買いされている製品)、Trending Around NYC (ニューヨークで流行っている製品)などのコーナーがあり、Amazonの膨大な顧客データとマーケティング力を感じました。

陳列方法としては、通常の商品は端に棚できれいに陳列されており、Today’s Deal (本日のセール商品)やAmazon Exclusive (Amazon限定商品)などの注目商品は中央付近にテーブル陳列されています。

商品はその場でAmazonアカウントで購入することができ、オンラインで評価が高くても実際に商品を手に取って見てみたいという顧客へのニーズに応えている店舗だと感じます。商品タグにはAmazonカスタマーレビューの平均評価が記載されており、またPrime会員は割引価格で商品を購入可能です。

一番注目されていると感じたのは、Amazonデバイスのコーナーです。Amazon EchoやFire TV、Fire HDタブレット、Robot、Alexa、Smart Homeなど多くのIT製品がありました。それらにはTry me!とあって製品を試せるようになっており、実際に”Hi, Alexa!”と話しかけている人もいました。

Amazon 4-starは、売り手が商品を決める従来の小売店とは違い、買い手である顧客のデータをもとにして商品を決める、新しいビジネスモデルと言えます。オンラインサイトのAmazonが近年Amazon Goの多店舗展開等、リアル店舗に進出してきて小売業界に大きな影響を与えると考えられます。

Actus staff
Actus staff