オンラインメディアを運営するBuzzfeedが大手デパートのMacy’sとパートナーシップを組み、新しい生活雑貨ライン『Goodful』の発売を開始しました。



BuzzFeedは、2006年に始まりニューヨークに本社を置く同名オンラインメディアの運営会社です。そのトピックは政治やビジネスからDIY・レシピ・動物など多岐に渡り、ミレニアル世代を中心に人気を博しています。

日本にはヤフーとのジョイントベンチャーとして2015年に上陸し、設立から1年で月間訪問者数が1600万人を超えるなど注目を集めています。

また、BuzzFeedはYouTube上に多くの動画チャンネルを設置しバラエティ豊かなコンテンTasty というレシピ動画を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

Tastyの他にも寝室やリビングなどのコーディネイトやDIYのアイディアを取り上げるNifty、旅行をトピックにするBring Me、子育て世代をターゲットにしたPlayfull、美容に関するAs/Isなど多様なコンテンツを配信しています。

そんなBuzzFeedがメディア業界の域を超えて小売業界に足を踏み入れ、生活雑貨ブランドを発表しました。それが「Goodful(グッドフル)」です。

「EAT(キッチン)」「SLEEP(寝室)」「RELAX(リラクゼーション)」という3つのカテゴリーの商品でライフスタイルを提案します。使いやすい工夫が凝らされた調理器具や触り心地の良い寝具、室内でハーブを育てることができるケージなどユニークで豊富な品揃えです。

また、Macy’sオンラインストアのGoodfulページでは、商品と一緒にTastyやNiftyなどのノウハウを生かした動画を見ることが出来ます。現在は、調理器具と一緒に乳製品不使用のミントチーズケーキのレシピ動画を見ることができました。とってもおいしそうです!

動画内ではGoodfulの商品が使われていて販促効果が得られそうな試みだと思いました。

BuzzFeedはMacy’sとのパートナーシップにより、長い歴史を持つMacy’sの幅広い顧客と繋がることで新しいオンラインメディアの読者を増やそうとしています。また、独自のオンラインメディアから得た創造性によるユニークな商品で小売業界に大きなインパクトを与えることを目論んでいるようです。

Macy’sもまたこのパートナーシップにより、低迷が続く百貨店に新たな世代の客層を呼び込む狙いがあるでしょう。

ホリデーのギフトシーズンに向けてどのようにプロモーションされていくのか、今後も注目したいと思います。

Actus staff
Actus staff