現代マーケティングを考える際に、ソーシャルメディアは必要不可欠なツールになってきています。特に、アメリカで注目されているのは、インスタグラムを使ったマーケティングです。

企業は、インフルエンサーとコラボして、商品やサービスについて告知していくマーケティング戦略です。フォロワーが多いインフルエンサーとコラボする事で、インフルエンサーのファンにも幅広く商品やサービスを認識してもらい、購入することが最終ゴールです。

ドイツのデータベース会社のStatista(スタティスタ)によると、インスタグラムの利用者が最も多いアメリカでは、現在約1億2000万人以上が使用しています。2位は約8800万人のインド、3位は約8200万人のブラジルです。


Leading countries based on Instagram audience size as of April 2020  (in millions)

Leading countries based on Instagram audience size as of April 2020 (in millions)

しかし、多くの企業はインスタグラムを上手く活用できていないことが現実です。何度もコンテンツを上げて集客に繋げようとしているが、反応がいまいちだった経験が皆さんにもあったと思います。

今回は、インスタグラム社が公開したハッシュタグを使ったマーケティング戦略について解説していきたいと思います。

4つハッシュタグを意識する

1)企業の業界をハッシュタグに入れる:

このハッシュタグは、あなたのビジネス、専門、製品、サービス、またはオファーに関する直接説明をするハッシュタグです。例えば、家具を扱う会社であるなら、#Home, #Home Organizationとハッシュタグを入れてあげます。

2)理想の顧客に関する情報をハッシュタグに入れる:

このハッシュタグは、企業が思う理想の顧客に関する要素をハッシュタグに入れてあげます。理想の顧客要素のハッシュタグを入れる事で、その要素に当てはまる人物に広告が表示されます。例えば、家具を購入する理想の顧客が母親であるなら、ハッシュタグに#Momと入れてあげます。

3)ロケーションをハッシュタグに入れる

このハッシュタグは、企業がビジネスを展開する場所をハッシュタグに入れてあげます。例えば、会社は家具を取り扱う会社で、理想の顧客は母親、場所はニューヨークにある場合は、#Home, #Home Organization, #Mom, #New York Cityと入れてあげると、ニューヨーク市内に住んでいる母親達に、企業の家具に関する情報が表示されやすくなります。

4)他のハッシュタグと組み合わせる

このハッシュタグは、企業に関連するハッシュタグ要素を組み合わせたものです。例えば、企業は家具を取り扱う会社で、理想の顧客は母親、場所はニューヨークにある場合は、家具+ニューヨークというハッシュタグを#newyorkhomeとして組み合わせることができます。ハッシュタグ組み合わせることで、ニッチな検索ワードで引っかかるようにするのも1つの戦略でです。

ハッシュタグを考える時は顧客の事を考えよう

インスタグラムでマーケティングを成功するためには、必ず顧客のことを考えましょう。何時、誰が、何のために商品やサービスを購入するのか、それらと関連するキーワードどハッシュタグを考えなければなりません。

ハッシュタグを選ぶことに苦戦している時は、業界や競合他社をフォロしているフォロワーを見て、彼らがどのようなハッシュタグを使用しているのか調べてから、正しいハッシュタグを選択することをお勧めします。

また、最も業界で使われているハッシュタグを知りたい時は、検索ワードを記入した後に、墓のお勧めするハッシュタグリストが表示されます。今回は、美容を例として見ていきます。


美容は英語で”beauty”なので、検索に”beauty”と記入すると、関連するハッシュタグとして下に表示されます。この関連するハッシュタグとは、美容商品やサービスに関するものが最も使われているハッシュタグである事を意味します。まずは、この中にあるハッシュタグリストを投稿するコンテンツに入れて、ユーザーの反応を分析していきましょう。ニッチな商品であるなら尚、ハッシュタグを細かく記入すると、見込み顧客からの反応が出やすくなるかもしれません。

インスタグラムマーケティングは、アメリカでは多くの業界と企業が使用ています。アメリカで市場開拓を始める際には、インスタグラムマーケティングに要注目です。

Actus staff
Actus staff