自粛期間中インスタグラムをチェックする機会が増えていませんか?

友達と繋がるため、好きなアーティストの情報を得るため、などと使用する目的は様々ですが、中にはインスタグラムを使ってお金を稼ぐ人たちもいます。彼らはインフルエンサーと言い、インスタグラムでの自分たちのリーチ(影響できる範囲)と影響力を上手く使い自身のアカウントをマーケティングのプラットフォームとして使用することによってお金を稼いでいます。


インフルエンサーとは

インフルエンサーとはネット上で何らかの影響力がある人たちのことを言います。インフルエンサーたちがアップする写真やビデオはたくさんの視聴者に見られ、その写真やビデオの内容には絶大な信頼があります。その信頼されているプラットフォームを使用したい企業はたくさんいます。これらの企業はスポンサーなどの形でインフルエンサーと契約を交わし彼らのアカウントをマーケティングのプラットフォームとして利用することができます。

インスタグラムでお金を稼ぐ4つの方法

インスタグラムでお金を稼ぐ方法は主に4つあります。

  1. まず一つはスポンサー契約を得ることです。企業があなたのフォロワーをターゲットに商品を写真や動画などのプロモーションで紹介してもらいたい場合はスポンサー契約を提案することが多いです。例えばあなたのアカウントは美容を意識した化粧品などの紹介をするアカウントだとします。あなたのフォロワーはそう言ったコンテンツに興味がある人達の可能性が高いです。なので化粧品を売っている企業などはあなたを信頼しているフォロワーに商品を売るために、あなたのアカウントで自社の商品を紹介してもらいたいと思います。企業から、商品紹介をしてもらう代わりにあなたに何らかの利益がある提案を受けることができるでしょう。

  2. 次にアフィリエイト方法です。スポンサー契約と違いアフィリエイト方法では自分が宣伝したことで、商品を買ってくれたお客様がいた場合収入(キックバック)を得ることができる方法です。これもスポンサー契約と同様自身のアカウントで集品の紹介などをしますが、そこで同時にプロモーションコードやウェブアドレスを表示します。それらを使って買い物をしてくれたフォロワーさんがいた場合そのお客様のお買い上げした何%かを収入としてもらえるというシステムです。スポンサーと違ってこちらの方法だともらえる金額が決まってませんので、売り上げ次第ではたくさんお金が稼げます。

  3. 次に自分のプラットフォームを自身で利用して商品をプロデュースする方法です。自分が描いたイラストやロゴなどを服やシールなどのグッズにつくり、売ることができます。自分のフォロワーの好みに合わせて自分のアカウントで宣伝することができるので自分のペースで稼げるのがポイントです。

  4. 最後の方法はポストの写真を売る方法です。これはAdobe Stockのように写真を売っているサイトに自分の写真を売るといった方法です。他に使い道がありそうな、良く撮れている写真などをこう言うストックフォトのサイトに持っていくと買い取ってくれる場合があります。

私にもできる?

インフルエンサーになるにはフォロワーの数が多くなければいけないとみんな思いがちですが、インスタグラムでお金を稼ぐために必要なのはフォロワーの数よりも自分のアカウントの押しとフォロワーの関心度を知ることです。もちろんフォロワーの数が多いことはプラスになりますが、それよりフォロワーの関心度が高いことが重視されます。フォロワーが100000人以上いるインフルエンサーはポスト一枚につき600ドルもしくはそれ以上稼ぐ人もいますがフォロワーが10000以下でもポスト一枚につき80ドル稼ぐ人もいます。フォロワーが多くても彼らの関心度が低いとあまり稼げません。


初めは友達や家族と写真をシェアするためにできたインスタグラムを今ではビジネスの場として利用する人が増えてきました。インスタグラムの他にもYoutubeやブログなどネットにはまだまだたくさんの可能性があります。自粛期間を使ってその可能性を試す方も増えるのではないでしょうか。

Actus staff
Actus staff