ウォールストリートのアナリストによると、JPMorganは2020年10月13〜14日火曜日から始まるAmazonのプライムデーのショッピングイベントは、48時間のコースで75億ドルの収益を上げ、2019年の推定53億ドルから約42%増加すると予測しています。これは、他の多くのeコマース企業にも影響を与える可能性があると言われています。


prime-day-2020.jpg

JPMorganのアナリストのダグ・アンムス氏は、通常であればオンライン小売業者は7月に開催されるイベントが、コロナウイルスのパンデミックにより今年10月に遅れて開催することになり、eコマースの毎年恒例のイベントに影響が見られると予想されます。多くの場合、オンライン小売業者への影響は、Amazonがショッピングイベント中に宣伝することを選択したカテゴリに依存する、と彼は言いました。

eBay、ペット供給小売業者Chewy、ファッションスタイリングサービスのStitch Fixは、その中でも良くも悪くも影響を受ける可能性がありそうです。


ebay.png

たとえば、2019年のプライムデーの間に、Anmuthは、Amazonが初めてのペットフードのサブスクリプションを60%オフで提供し、Chewyがそれを競い合うために合せたと述べました。 eBayは、 昨年のイベント中にAmazonに直接呼びかける販売およびマーケティングキャンペーンを実施し、前のプライムデー中にAmazonのWebサイトが一度クラッシュしたときには皮肉にも独自の「クラッシュセール」を開催しました。

今年、Amazonはすでにファッションの提供とパーソナルショッパーサービスを大々的に宣伝していて、これはスティッチフィックスに影響を与える可能性があることは確実です。 その他の多くの企業も、ある種の影響を見る可能性があります。大手小売店のターゲットとウォルマートは、プライムデーと競争するために当然ながら、来週独自の取引日を開催しています。

今年の秋にプライムデーが遅れたため、多くのアナリストは、このイベントがホリデーショッピングシーズンの非公式な始まりになると予想しています。以前はブラックフライデーでしたが、感謝祭の翌日は、現在ではeコマースのカレンダーは意味がなくなっています。専門家によると、休暇の取引や広告キャンペーンをすぐに開始しない企業は、市場シェアを失う恐れがあると言っています。

現在の状況では、アメリカ国内でのショッピングは、ソーシャルディスタンスを保つため、パンデミックの間に混雑したスペースとモールを避けています。ますます多くの販売がこのホリデーシーズンにオンラインでシフトするでしょう。ホリデーシーズンのショッピングの混雑は、主なシーズン中の6週間で、前年比で22%から25%減少すると予想されています。

Amazonのプライムデーの始まりから、オンラインによるホリデーシーズンのお得なショッピングを上手に活用する消費者が増えることでしょう。

Actus staff
Actus staff