コロナウイルスの大流行により、以前はニッチな産業や、オンライン食料品店が前面に押し出されました。公共の場所を避けて生活をするようになり、政府が発令したステイホーム要請も影響し、多くの消費者にとって「家」が生活の中心となっています。とはいえ、消費者にとって食料品や生活必需品の継続的な必要性は不可欠。オンラインでの食料品配達サービスの需要が鰻登りに上昇したのは疑う余地もありません。Walmart(ウォルマート)、Amazon(アマゾン)、Target(ターゲット)、また近所のスーパーマーケットからのピックアップサービスとして有名なInstacart(インスタカート)など、オンライン食料品の配達サービスは引き続き利用者を伸ばしているようです。

以前は、自分で食料品を選び、送料や追加料金を避けたいという理由で配達サービスに抵抗した消費者もいましたが、パンデミックにより多くの人がオンラインでの食料品ショッピングを利用せざるを得なくなりました。そして、オンライン食料品店への突然の注目は、パンデミックが収まった後も消費者の行動を変えると予測され、米国への業界の浸透を加速させています。


Online-grocery+-shopping-sale.png

2018年のベインアンドグーグルの調査では、オンライン食料品店の買い物客の75%は、初めての購入したショップで買い物を続けるというデータが出ています。パンデミック時に最も多くの消費者のニーズを満たす食料品店は、それが収束した後でも業界をリードする可能性が高いといえます。


amazon-whole-foods.png

提供オンライン食料品店側は、今後更にシステムの自動化や、運用方法の柔軟性、まとめ買いサービスへの対応へのイノベーションをもとめられているのも事実。実際弊社社員の多くも、オンラインでの食料品ショッピングを行っていますが、そのカスタマーサービスの対応もお店によって差も感じています。

利用客を他社へ逃さないよう業界での競い合いが激しくなっている注目の業界です。各社の今後の動向に注目したいところです。

Actus staff
Actus staff