コロナ禍でライフスタイルが大幅に変わった現代、ビジネスの在り方も変化しているように感じます。コロナの影響は様々ですが、ビジネスの分野では沢山の小売店が閉店に追い込まれました。ただし、このコロナ禍でも売り上げを伸ばしている分野があります。それはオンライン販売です。上記でも記載した通り、ライフスタイルが変化したこともあり、洋服、雑貨などの買い物は大半がオンラインに変化しました。そこで今回は日本でも最近多くなっているビジネスモデルD2Cについて話したいと思います。

D2Cとは?

まず、D2Cは“Direct to Consumer”の略になります。これを簡単に説明するとメーカーが卸売業者や小売店を通さず、直接消費者へ商品をECサイトで販売するビジネスモデルのことを言います(下記参照)。この数年アメリカではD2Cのビジネスモデルが非常に多くなり、成功を収める企業が多くなりました。ただし、全ての企業が成功を収めているわけではなく、成功している企業はD2Cビジネスのメリットをうまく利用し、デメリットをしっかりと考えて経営していることがわかります。

代表的なメリット

  1. 商品の販売の自由、幅が広がる

    マーケティングが自由にできるほか、価格をコントロールすることが可能です。小売店は小売店の価格で販売し、割引も発生します。小売価格で販売できるので、そのギャップの部分を、マーケティングなどに投資することも可能になります。

  2. 自社表現がしやすい

    自社ブランドをEコマースサイトで表現しやすくなります。例えば、商品に対する熱い思いを表現したり、ブランドのビジョンをを直接消費者へ伝えることが可能です。

  3. 消費者の声を聞くことができる、分析できる

    商品企画から販売まで遂行するD2Cでは消費者から生の声を聞くことができます。顧客からの口コミやフィードバックを得ることが可能です。また、消費者がどんなものを購入しているかなどを分析することも大きなメリットになります。

代表的なデメリット

  1. オンラインストアの構築が必須
    自社のオンラインストアの構築が必須となります。そのため、オンラインサイトを構築するなど運営コスト面の負担は大きくなります。
  2. 物流システムの構築が必要
    一般的なビジネスモデルであるB2Cには既に物流システムは存在していますが、自社で行うD2Cビジネスでは物流システムの構築が必須になります。
  3. ブランディングが必須
    よほどのことがない限りD2Cビジネスを行う場合はブランド力が皆無ですので、自分たちでのブランディングが必要になります。

アメリカでD2C事業の成功例

次に現在アメリカでD2C事業で成功を収めた企業例を挙げてみましょう。下記の企業はいずれもD2Cというビジネスモデルがうまく当てはまり米国で成功を収めています。

Cubcoat

まず初めはCubcoatという子供用の洋服を販売している企業です。この企業の商品の最大の特徴は2in1と呼ばれるぬいぐるみが洋服に変化するという点です。この企業はSNSを多用するミレニアム世代のお母さんたちをターゲットにしているため、SNS上で積極的に広告も発信しており、自分たちの商品がどのようなものかをうまく消費者へ伝えている点も成功している理由の一つです。また、Cubcoatはブログを展開し消費者へ自社の取り組みなどを積極的に発信しており、D2Cのメリットをうまく利用し商品を販売しています。

Away

シンプルで使いやすいスーツケースを販売しているAwayという企業です。この企業は2015年に創業した企業ですが、この企業はD2Cビジネスモデルのメリットでもある、消費者(旅行者)のニーズを探り、商品に反映させた商品を販売している代表的なD2C企業です。Awayは全米の様々な場所でポップアップショップを展開、販売をしたことで消費者が広告塔になり販売が広がった企業でもあります。また、スーツケース販売では異例の購入100日間以内だったら返品可能、サイズ表記をインチからCarry on、The Largeなどに変更し消費者に分かり易くしているところなどはD2Cの強みを大いに利用している点だと感じられます。

今回はアメリカのみならず日本でも最近多くなってきたD2Cというビジネスモデルについて記載しましたが、やはり成功している企業は皆、ビジネスモデルの特徴をうまく利用し販売を行っていることがわかります。このD2Cというビジネスモデルは、今回のコロナ禍でもわかるように、オンライン販売が主流になってくる現代では更に注目が集まると考えます。引き続きこちらのブログで、最新のD2C企業の動向をお届けしていきたいと思います。

Actus staff
Actus staff