こんにちは。代表の鈴木です。

アメリカはいよいよ社会再開の動きが活発化して来ました。
当社も1年以上続いた全面在宅勤務から、まずはオフィス勤務とテレワークのハイブリッド型へと移行する予定です。

この1年、Tシャツにスウェットという姿で毎日過ごしてきたので、久しぶりに外出着でも購入しようと思い、色々とネットで検索したところ、今話題のSTITCH FIXに辿り着きました。

STITCH FIXのウェブサイト

この会社は、通常のオンラインショップや実店舗のアパレル企業とは異なり、AIと約5,000人いるスタイリストが自分に合ったブランドやアイテムを選んで送ってくれるといういわゆるD2Cサービス企業で、2017年にナスダックに上場してから飛ぶ鳥を落とす勢いで売上を伸ばし、2020年時点で売上約1.7billion USD(1,800億円)、会員数340万人まで伸ばしているそうです。

STITCH FIX 投資家向け公式資料より引用

そして、異色な点はなんといってもその社員構成です。5,000人のスタイリストと130人のデータサイエンティストが日々のオペレーションを支えているそうです。実に新鮮な組み合わせです。

という事で、これから早速会員登録して、サービスを体感してみようと思います。果たしてどれぐらい私の好みに合った洋服が届くのか楽しみです。

Takeo Suzuki
Takeo Suzuki President & CEO