米国では、ロックダウン中の大勢が集まるイベントは一切禁止されていたこともあり、昨年から今年の頭にかけては、イン・パーソンで開催される実際の展示会は、ことごとく中止されてきました。一部、デジタルの展示会に移行していた展示会もありますが、盛り上げにかけていた印象です。しばらく小売店は閉店を強いられていましたので、在庫過多になり、積極的に買い付ける様子が無かったためです。コロナウイルスのデルタ株の広がりが懸念されるものの、今年の夏からは実際の展示会が開催され始めています。

私たちも参加してきているニューヨークの展示会の動きは、下記の通りです。

NYNOW展

NYNOW_1

展示会について

NYNOW_2

NY NOW展はパーソナルギフトと生活雑貨の展示会としては全米最大級を誇ります。商談の場としての要素が強い海外展示会の中でも、特に多くのバイヤーが直接商品の買い付けにくることで知られている展示会です。また、メディア関連の参加者が多い点もこの展示会の特徴の一つであり、例年500社以上のメジャーテレビ局、ラジオ局、出版社が来場するなど注目を集めています。開催地はニューヨークのジャビッツセンターで、毎年2回(2月と8月)です。有名ブランドがブースを大きく構え、百貨店を中心とした大手チェーン店のバイヤーが来ることで知られています。

開催状況

2020年2月の展示会を最後に、その後の2回の展示会(2020年8月と2021年2月)は完全にオンラインの展示会に移行していましたが、今年の8月には実際の展示会を開催するとともに、オンライン展示会もあり、ハイブリッド方式をとっています。とはいえ、実際の展示会規模は、今までの5分の1程度ですので、様子見感があります。過去2回は、当社はオンライン展示会に参加していましたが、そもそも訪問しているバイヤーが極端に少なく、特に大手チェーン店のバイヤーがあまりいなかった印象です。本来のNY NOW展がオーダーを多く取り付けられることで知られていますが、オンラインの展示会は、手ごたえがあまりなかったと言えます。

今後の行方

今年の夏は、実際の展示会が8月8日から11日まで、オンライン展示会が8月5日から13日までです。足が遠のいているバイヤーにどうやって会場に来てもらえるか、そして、このオンラインとオフラインの展示会を、どうやってつなげるかがカギだと言えます。
オンラインのB2BプラットフォームのFaire.comや、新しい展示会のShoppe Object展に押されて、コロナ前から人の入りが懸念されていたNY NOW展ですので、今回の8月展が、ある意味勝負と言えるでしょう。

Shoppe Object展

Shoppe Object_1

展示会について

Shoppe Object_2

Shoppe Object(ショップ・オブジェ)はニューヨークで、半年毎に開催されるホーム+ギフトの展示会です。元来ショールームを主催していた団体が新しく始めた展示会であり、進歩的な小売店やデザインコミュニティを応援し、活躍の場を提供することを目的としています。2018年8月に初めての展示会が100社程で開かれました。デザイン性が高く、ニーズに合った商品に注目が集まり、2020年2月時点で500社が参加する展示会に発展しています。そのため、出展のための審査が厳しいと言われています。今までNY NOW展に出展していJetro主催のジャパンパビリオンは、2019年8月よりShoppe Object展に場所が変わっています。イーストリバー沿いにあるピア36で開催されています。場所は不便ながらも、スタイリッシュでユニークな商品を求めて、バイヤーが多く集まります。

開催状況

NY NOW展と同様、2020年8月と2021年2月夏のショーは中止となり、代わりにデジタルの展示会が開催されていました。センスが抜群に良いニュースレターを定期的に発送して、上手にバイヤーをオンラインサイトに誘致していた印象です。感覚派のバイヤーが集まっていたようですが、今のところは、NY NOW展と比べると、大手チェーン店のバイヤーが少なく、数のオーダーに繋げることは、引き続き課題かもしれません。

Shoppe Online(ショップ・オンライン)とう機能を自社サイトに追加し、小売店バイヤーは、いつでも好きな時にオーダーができる仕組みができています。また、この機能を使って、出展社は展示会期間中にオーダーをとることも可能です。

今後の行方

上手にテクノロジーを取り入れつつ、独自のセンスでスタイリッシュかつユニークな展示会を作り上げてきている為、コアなバイヤーのファンが付いた印象です。また、ブランドにとっても、ブース施工費用が抑えつつ、おしゃれブース作りが可能で、バイヤーの情報や訪問者の分析をしてくれるオンライン・ツールがあり便利です。今年の展示会は9月19日から21日に開催予定で、規模感は以前と同じ予定のようです。デジタルの展示会は開催されませんが、出展するブランドはShoppe Objectのポータルを使用して、オンライン・オーダーをいつでも受け付けられるようになっています。新たにアメリカ市場進出を考えられているデザイン性の高い日本ブランドにとっては、相性が良い展示会と言えます。

Keiko Matsuura
Keiko Matsuura 商品販売サポート部門ディレクター