12/16(木)

12月6日、デブラジオ市長がニュースショーに出演して行った発表により、ニューヨーク市においては、市内の全てのビジネスに対して従業員及び職場に立ち入る全ての個人に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付ける市長令を施行することが明らかになりました。

これにより、12月27日より、雇用主は全ての従業員に少なくとも1度のワクチン接種を義務付ける必要が発生します。不遵守の場合の罰則などはまだ明らかになっておりませんが、詳細は12月15日に改めて追加のガイダンスが発表されることとなっております。本件に関しまして速報としてアップデート内容をウェビナーにてお伝えできたらと思います。情報収集としてご都合があえば是非ご参加くださいませ。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

講師

大矢まどか
アクタス人事マネージメント アドバイザー


人事マネージメント部門にて、人事サポート業務、セミナー、ハンドブックやポリシー作成のサポートの実務を担当。現職の前はExecutive Recruiterとして、全米の日系企業を中心としたクライアントの幹部候補者サーチを行う中で、日系企業の抱える課題に対しての様々な提案を行ってきた。

セミナー名 ニューヨーク市ワクチン接種義務化関連ウェビナー
会場名 ZOOM
開催日 12/16(木)
開催時間 11:00(東海岸)~30分程度(質疑応答含む)
費用 無料